『ザ・キャプテンズ傷彦の薔薇色ぶろぐ』

2001年、杜の都「仙台」にてザ・キャプテンズ結成。 1960年代に大流行した日本のロックの元祖「グループサウンズ」略して「GS」を受け継ぎ、各地で失神者続出のライブを繰り広げている。
2005年、東芝EMIからメジャーデビュー。 2007年にはアメリカのレーベル「TOKYO NO RECORDS」からベストアルバムをリリース。 同年、アメリカツアーを敢行。音楽雑誌「PURPLE SKY」の表紙を飾り、一万人規模のフェスティバル「AWA」にも出演。 2008年、GSの名曲のカバーアルバム「I LOVE GS」を日米同時リリース。 日本だけではなく、世界へ向けて「GS」という文化を発信していくザ・キャプテンズに御期待ください! すべては愛ゆえに!

(K&A ザ・キャプテンズマネージャー
 多田雄祐)
RELEASE INFORMATION
ザ・キャプテンズ
GS Cover Album
【 I ♥ GS 】

2008/10/22
GSCR-1007(2,626/税込)
K&A CO.,LTD. / Last G.S. Records
フウコ
e0161478_23255791.jpg

磔磔の楽屋の本棚には岩明均先生のデビュー作『風子のいる店』が置いてありました。


以前読んだときには『なんだかデコボコしたテンポ感で読みづらい…』と感じたものですが、今読むと、『ああ、人間はこういう、先の読めない気分やテンションやテンポで生きているよね』と妙に納得できました。


二巻の表紙の折り返しに岩明先生の言葉が載っています。

『描きながら思ったことがあります。私という作者は、風子たち登場人物の心の中をそれほど把握してないんじゃないか…』


漫画家というものは全能感を持つ傾向がある。

だけど、岩明先生はキャラクターひとりひとりが、自分の知らないいろんな面、感情を持っているはずと考えている。


それが独特な作品の温度感を生んでいるんだろうね。


■愛ゆえに!by傷彦■
[PR]
by emm_captains | 2010-11-12 23:25