『ザ・キャプテンズ傷彦の薔薇色ぶろぐ』

2001年、杜の都「仙台」にてザ・キャプテンズ結成。 1960年代に大流行した日本のロックの元祖「グループサウンズ」略して「GS」を受け継ぎ、各地で失神者続出のライブを繰り広げている。
2005年、東芝EMIからメジャーデビュー。 2007年にはアメリカのレーベル「TOKYO NO RECORDS」からベストアルバムをリリース。 同年、アメリカツアーを敢行。音楽雑誌「PURPLE SKY」の表紙を飾り、一万人規模のフェスティバル「AWA」にも出演。 2008年、GSの名曲のカバーアルバム「I LOVE GS」を日米同時リリース。 日本だけではなく、世界へ向けて「GS」という文化を発信していくザ・キャプテンズに御期待ください! すべては愛ゆえに!

(K&A ザ・キャプテンズマネージャー
 多田雄祐)
RELEASE INFORMATION
ザ・キャプテンズ
GS Cover Album
【 I ♥ GS 】

2008/10/22
GSCR-1007(2,626/税込)
K&A CO.,LTD. / Last G.S. Records
華麗なる復活へ向けて
e0161478_13141547.jpg

ザ・キャプテンズのリーダー、傷彦です。

先月、突然の入院、そしてツアーキャンセルというニュースで驚かせてしまったね。
心配かけてごめん。
病院で検査を重ねた結果、僕の病気が脳腫瘍であることが判明した。
これから治療に専念するため、
1月30日渋谷milkywayでのライブをもって
ザ・キャプテンズのライブ活動を休止しようと思う。

結成10周年の節目の年なのに本当に残念だけど、
これはスタッフ、メンバーと話し合った末の苦渋の決断。

その一方で、10周年の記念としてキャリアを総括するベストアルバムのリリースを予定しているんだ。
タイトルは「ザ・キャプテンズ アンソロジー」。
新曲あり、新録あり。それは、全力で駆け抜けてきた薔薇色の軌跡…。

思い出す、まぶしいスポットライト。
鳴り止まない歓声。
僕は諦めたくない。
またステージへ戻る日を夢見て、病を克服していきたいと思っているんだ。
いつだって君たちグルーピーの声が僕に力をくれる。
愛を、声援を僕におくれ。
それが僕の心を薔薇色に染める。
復帰した時には、また笑顔で逢おう。
そこから、長い長いアンコールが始まるのさ。

■そう、すべては愛ゆえに!by傷彦■
[PR]
by emm_captains | 2010-12-24 13:14